上州新田牛の魅力

上州新田牛は群馬県内の太田市で盛んに肥育されている銘柄牛です。品種としては黒毛和種や黒毛和種とホルスタイン種を交配した交雑種となっています。太田市は元来、畜産農家が多く存在しているため畜産が盛んに行われている地域であり、上州新田牛はそのような畜産農家の中でもJA新田郡の管轄にある畜産農家によって肥育が行われています。そのような点から、と畜や出荷段階においてもJAの管轄において行われるため、十分な衛生管理がなされています。特に群馬のJAグループが持つ解体場はアメリカの高い衛生基準をクリアするほどのクオリティがあるため、上州新田牛も安心して口に運ぶことができる肉となります。

全国焼肉協会-YAKINIKU WEB!-

上州新田牛はその肥育農家の熱心さも特徴的であり、常に肉質の向上に努める姿勢を持っていることやその肥育管理においても牛へのきめ細やかな配慮を行っていることから、とても良い肉質を作る大きな要素となっています。そして、牛が食べる餌にも配慮がなされており、くみあい配合飼料という統一した飼料を与えることによって、牛が健全に育つようになっています。この配合飼料の中には太田市一帯で栽培されている麦やトウモロコシが多く配合されていることから、地産地消で非常に安全性の高い飼料であることが証明されています。

統合失調症(ナイアシン使用例)(1/2) - YouTube

その肉質は黒毛和種のみのものでも交雑種のものでも、脂身のつき方も十分で良質であります。

食肉業界30年の達人が選んだ米沢牛・山形牛 / さがえ精肉

上州銘柄牛の規準としては枝肉の格付けが2等級以上でなければならないとされていますが、上州新田牛はその格付けが3等級以上でなければならないという高い基準を設けていることからも、その肉質と美味しさは保証されており群馬県以外でも高い評価を受けています。